O脚矯正で美脚をめざせ
*
O脚矯正で美脚をめざせ > 寝ている間にO脚矯正

寝ている間にO脚矯正

人間にとって睡眠は絶対に必要なことですね。普通は睡眠時間が短めの人でも6時間程度、長い人であれば10時間ほどが1日の内に寝ている時間です。もちろん人それぞれですから、3時間でも全然大丈夫という方もいらっしゃるでしょう。

 

女の子の寝室

いずれにしても1日のうちの長い時間を人間は眠って過ごします。この長い時間に骨格や膝に負担をかけるような寝方をしていれば、O脚を助長してしまうことになります。「寝ている間は無意識なのだから仕方がないのでは!」と思われるかもしれません。もちろんそう思ってもまちがいではないですし、意識して眠れといっても無理です。

 

しかし、寝ている間にO脚の矯正のために行えることはあります。それは体を締め付けるような下着を付けて寝ないことです。きつい下着は体を締付けるわけですから、骨格にも悪い影響を与えてしまいます。これは寝ている間だけの話ではありません。なるべく体を締付けるような下着や洋服は着ない方が健康のためにはよいのです。

 

寝ている間にO脚を矯正するためには背筋をピンと伸ばし、膝も曲げないようにして仰向けに寝るべきです。足先は若干開きます。

 

また、横寝はO脚矯正のためにはすべきではありませんが、どうしても横寝しないと寝れないという方もいらっしゃるでしょう。その時には左右の脚はきちんとそろえ、膝を曲げずに横寝するようにしましょう。

 

それから柔らかいベットはO脚のためにはなるべく避けるべきです。ふかふかのベットと聞くと気持ちのよい寝心地を想像しますが、クッションが柔らかいベットは骨格を変形させながら寝ているようなものなのです。

 

今の時代布団よりベットの方が圧倒的に多いと思いますが、本当は布団の方が健康にはよいですし、ベットでも固めのベットに寝るようにしましょう。

スポンサードリンク