O脚矯正で美脚をめざせ
*
O脚矯正で美脚をめざせ > 寝相がO脚の原因に?

寝相がO脚の原因に?

皆さんは1日何時間くらい睡眠を取っていますか?筆者のベストな睡眠時間は8時間なんですが、日々の生活の追われ十分な睡眠を取れないのが現状です。ですから、なるべく質のよい眠りを心がけています。

 

ベッドの上で音楽を聴く女性

人間には睡眠は絶対に必要なことであり、1日のうちで1/3~1/4程は寝ている時間です。この長い時間の間、膝を変形させるような寝方をしていたら、当然O脚の原因になったり助長させる要因になったりしてしまいます。

 

O脚にならない寝相とは、仰向きで背筋をピンと伸ばし、膝はもちろん曲げないようにします。足先はぴったりとくっつけるより少しだけ開き気味がよいとされます。

 

しかし、人によって寝相の良し悪しがありますから、睡眠時間中に全然ちがう格好になっていたということもよくありますね。睡眠中の人間は別に意識していなくても寝返りをうったりするのですが、これにはちゃんとした意味があるのです。

 

それは寝ている間に逆に疲れをためないためであるといわれています。起きている間でも同じ格好を何時間もしていたら、体が固まったような状態になって疲れてしまうという経験をされたことがあなたもきっとあるでしょう。

 

O脚を予防するために寝返りができないよう、無理に狭いスペースに寝る必要はありませんが、せめてベッドに入る時には前述したような体の格好をして眠りに入るようにしましょう。

スポンサードリンク