O脚矯正で美脚をめざせ
*
O脚矯正で美脚をめざせ > 赤ちゃんの頃にO脚の原因が

赤ちゃんの頃にO脚の原因が

赤ちゃん(子供)の成長は親であれば、とても楽しみなものですね。不安定だった首がすわってハイハイをし始め、つかまり立ちをおぼえ、やがてよちよちと歩くようになります。

 

裸ん坊の赤ちゃん

でも、大人も個性があるように早くから歩く赤ちゃんもいれば、遅い赤ちゃんもいます。なかにはつかまり立ちをおぼえたと同時に歩きたがる赤ちゃんもいるようです。

 

もし、あなたに赤ちゃんがいるのであれば、赤ちゃんが成長して将来O脚にならないよう、気をつけておいてほしいことがあります。

 

親としては赤ちゃんの成長が楽しみですから、手を引いてでもついつい歩かせたがるものです。また、歩くのが遅ければ心配にもなるでしょう。

 

しかし、赤ちゃんは歩きたくないのではなくて、歩けない状態なのです。つまり、赤ちゃんの体が歩く準備ができていないだけなのです。そこに無理やり歩かせるようなことをすれば、当然赤ちゃんの脚には負担がかかってしまいます。これはO脚の原因になる可能性が大きいので止めるようにしましょう。

 

また、歩行器を使わせるのも赤ちゃんの脚のためには、よいことではありません。日本人にO脚が多い(80%~90%といわれています)のは、赤ちゃんのころに脚に無理をさせるからだともいわれているようです。

 

赤ちゃんが歩くのが遅いとしても、その子の個性だと考えるようにして、決して無理をさせなようにしてあげてくださいね。

 

<<赤ちゃんがいると買い物も大変ですよね。そんな時、生協の宅配は便利ですよ。>>

スポンサードリンク